女の腹やせダイエット~くびれが欲しいすべての女性たちへ~

本当に大切なのは、ダイエットに成功した後の過ごし方

ダイエットの本当の目的は、ダイエットで勝ち取った理想のボディを生涯にわたってキープし続けることです。
「女の腹やせダイエット」で理想のスタイルを手に入れた後、その体型を生涯キープしていくには、いくつか注意点があります。

1.目標を達成しても、さらに3ヶ月間ダイエットを続ける

目標を達成した途端、「よし、これでダイエットは終わリ!思いっきり食べよう!」といきたいところでしょう。しかし、あと3ヶ月は要警戒期間ですので、気を引き締めてください。

ダイエットによって急激に体脂肪の減った身体は、内分泌など身体の機能に大きな変化が起きています。たとえば、インスリンの分泌量。体脂肪量の減少にインスリン分泌量の減少が追い付かず、インスリンが効きすぎて、低血糖の状態に陥りやすくなっています。目標体重を達成してしばらくの間は、この低血糖発作による「食べたい病」に要注意です。ダイエットによって乱れた体内環境が再び整うまでにはだいたい2~3ヶ月かかります。この間はもっともリバウンドしやすい時期なので、とくに慎重に過こさなくてはいけません。

2.警戒期間が過ぎても、すぐに元の食生活に戻さない

3ヶ月の警戒期間を無事に過こしたら、いよいよ「維持期」に入ります。このとき大切なのは、摂取カロリーをいきなリダイエット開始前に戻さないことです。

50~100キロカロリー分ぐらいを増やしたうえで、1ヶ月ほど様子をみます。そうして体重に変化がなければ、また50~100キロカ□リー分ほど増やします。これを繰り返しながら、摂取カロリーを適正量にまでゆっくりと戻していきます。ちょうど適正体重が維持できる力ロリーにまで、時間をかけて戻していく・・・。今後、一生かけてベストな体型を維持していくのですから、カロリーを戻すにも、それなりに時間が必要なのです。

3.自分の生活スタイルを見定める

長期間にわたって体型をキープしていくには、食生活における我慢やムリを最小限にとどめ、楽に続けられる方法をとることが重要です。それには、ふた通りのやり方があります。

ひとつは、朝食を抜き続ける。つまり「1日2食」の食事スタイルを続けていく方法。
もうひとつは、1日3食にして夕食を控えめにする方法です。総摂取カロリーが同じなら、1日2食より3食に分けたほうが太りにくいので、1日3食にして夕食を少なくすると、体重維持の効果はより高いといえます。

連載ダイエットバックナンバー