女の腹やせダイエット~くびれが欲しいすべての女性たちへ~

太りにくい身体を作るカギは、成長ホルモンにあった!

成長ホルモンは脳の下垂体から放出されるホルモンで、その名のとおり、人の成長を促す役割を担っています。その分泌量は、13〜17歳にかけてピークに達し、その後は減少傾向に。そして、25歳を過ぎる頃になると急激に低下して、30歳以降は10年ごとに25%ずつ減っていきます。

さまざまな研究の結果、成長ホルモンには内臓脂肪を分解する作用もあることが判明しました。また、糖質の代謝を促してエネルギー消費を高め、スタミナを増進させる作用や筋肉でのタンパク質合成を促して、筋肉を発達させる作用などがあることもわかりました。
この発見以来、アメリカでは、成人に成長ホルモンを投与し、内臓脂肪を燃焼させて若々しい身体を取り戻すための試みが盛んに行われるようになりました。

実際、成人に成長ホルモンを投与すると、72%の人に脂肪減少効果が、88%の人に筋肉強化の効果が見られたという研究データも出ています。

このことから、30代以上の男女がお腹の脂肪をとり、引き締まった身体を作るのに、成長ホルモンの投与は非常に有効であることが裏付けられたのです。

また、成長ホルモンには、シワ減少や弾カアッフといった美肌効果や、更年期症状、骨粗鬆症の改善効果も認められており、全身の若返りを可能にしてくれます。
ここで、成長ホルモンの分泌を促すスペシャル・テクニックをこ紹介しましょう。

運動

激しい運動をすると筋肉の線維は疲労して、あちこちがブツブツと断裂します。筋肉は、それを修復することで運動前より丈夫でしなやかな筋線維を作り上げる、という力を備えています。これが、鍛えれば鍛えるほど筋力がアップするという筋肉の特性ですが、その修復過程で、成長ホルモンは分泌されます。

アルギニンとグリシンの摂取

成長ホルモンは191個のアミノ酸が複合してできています。したがって、タンパク質を食べることでも、体内で成長ホルモンの合成、分泌作用は促進されると考えられます。
アミノ酸の中でも特に重視すべきは、「アルギニン」と「グリシン」です。
アルギニンは脳下垂体の働きをよくして、成長ホルモンの合成を促すという直接的な作用があります。つまり、アルギニンをたくさん摂取することで、成長ホルモンの分泌を高めることができるのです。
アルギニンを豊富に含む食材は、鶏の胸肉や子牛肉、ゴマやナッツ類、エビなどです。
グリシンにも成長ホルモン合成作用があります。肉、魚、玉子などの動物性タンパク質の中に多く含まれています。グリシンには肌のキメを細かくする働きもあるので、美容とダイエットに欠かせない栄養素といえるでしょう。

連載ダイエットバックナンバー