女の腹やせダイエット~くびれが欲しいすべての女性たちへ~

いきなりの激しい運動は、食欲を刺激する

クロムをとり、マッサージとストレッチをして下準備を終えたら、いよいよ運動開始です。

このとき、ひとつ注意しなければいけないことがあります。それは、初めからハ―ドな運動をしないことです。
日ごろ運動不足ぎみの人がいきなり激しい運動をすると、血中のブドウ糖が瞬く間にエネルギーとして消費され、それを補うための肝臓でのグリコーゲン分解が間に合いません。すると、一時的に低血糖の状態に陥ります。低血糖状態になると、身体は飢餓状態になったものと勘違いをして、あわてて栄養を補給しようとします。この一時的な低血糖状態が、運動後の猛烈な食欲となって現れます。

身体が飢餓状態だと錯覚した状況でたくさん食べてしまうと、身体は摂取したカロリーをすべて吸収して、できる限り身体に蓄えようとします。せっかく運動によってカロリーを消費したことが、台無しになるどころか、かえって太ってしまう危険性があるのです。さらに、「運動したことだし、少しくらい多めに食べても大丈夫」という安心感もあって、なおさら摂取カロリーオーバーになる可能性が高いといえます。
ですから、運動を始めてからの20分間は、「ちょっと物足りないな」と感じるくらいの、軽めの運動を心がけてください。

ただし、軽めの運動といっても、「はあ、はあ」と多少は息があがり、じんわりと汗をかくぐらいの活動量でなくてはいけません。ストレッチや準備運動などは、カロリー消費量を増やすための運動には入らないので、注意してください。
たとえば軽いジョギングや自転車など、負担のあまりかからないスムーズな運動がいいでしょう。そぅして20分ほど軽い運動をしながら、身体が体脂肪分解態勢に入るのを待ちましょう。

運動の前には必ずストレッチを

準備運動もしないでいきなり激しく身体を動かすと、足腰を痛めたり、心臓に急激な負担がかかるなど、身体にとってよくありません。
腹部のマッサージをしたら、次はストレッチを十分に行なって全身の筋肉をほぐし、膝や股関節などを軽く動かして身体の可動域を広げることが重要です。
ストレッチには、ケガの予防以外にも、縮んでいた筋肉を伸ばすことで代謝やリンパの流れを促し、体脂肪を燃えやすくするという効果もあります。

ストレッチをするときは、はずみをつけず、ゆっくりと、静かに行うこと。はずみをつけると、筋肉がかたくなってしまいます。また、筋肉が痛くなるほど、無理をして曲げ伸ばししてもいけません。を丸持ちよく感じる程度に行うことが大切です。

連載ダイエットバックナンバー