女の腹やせダイエット~くびれが欲しいすべての女性たちへ~

問題はアルコールより、おつまみにあり

ビール腹」という言葉もあるように、お酒=太る、というイメージを持っている人は少なくありません。実際、既存のダイエット法でも、たいてい飲酒は禁止事項のひとつになっています。

しかし、「女の腹やせダイエット」では、アルコールを禁止してはいません。むしろ、お酒を飲むことはダイエットの味方になるというのが、私の考え方です。禁酒をしない理由はふたつあります。

まずひとつは、アルコールそのもののカロリーだけでは、脂肪の蓄積にはつながらないということ。
お酒を飲んで酔っ払うと、心臓の動きが活発になり、体温も上昇して、熱を放出します。つまり、お酒を飲むと、エネルギー消費活動が高まるのです。
アルコールは1gあたり7キロカロリーありますが、軽く酔っぱらう程度なら、その分のカロリーぐらいは、体内で消費されてしまいます。ですから、アルコールそのものが原因で太ることは、まずありません。
ただし、カクテル類や甘口のワイン、甘口の日本酒などには糖分がたくさん含まれており、飲み過ぎると太るので、控えたほうが無難です。また、運動直後にお酒を飲むと肥満につながることがあるので、気を付けてください。

問題は、アルコールそのものよりも、おつまみです。アルコールには食欲増進作用があるため、人によっては食べる量が普段の何倍にも増えてしまいます。しかも酒の肴は味が濃く、カロリーの高いものが少なくありません。たとえばビールのおつまみの定番であるソーセージやジャーマンポテトなどは、どれも塩分が多く、高カロリーです。
アルコールと塩分を一緒にとると、水分の代謝が悪くなってむくみます。しかも、摂取カロリーが増えれば、当然、脂肪がつきます。飲んで食べると、水と脂肪の両方が、一気にお腹まわりにつくことになるのです。

ですから、「ビール腹」というのは、正確には「ビールのおつまみ腹」なのです。お酒を飲むと食べ過ぎてしまうという人は、くれぐれもおつまみの種類や量に注意してください
もし、あなたが、「お酒を飲むとどうしても食べ過ぎてしまう」というタイプなら、思い切って禁酒してみてはいかがでしょうか。

ダイエットのための禁酒期間は2週間から1ヶ月。そのぐらいアルコールを断てば、お酒を飲まないと食欲がわかないという習慣もなくなり、毎日飲まなくても平気になります。また、再び飲み始めても量を自分で調節できるようになるでしょう。

お酒が適量なら、食べる量もまた適量になるはずです。

連載ダイエットバックナンバー