女の腹やせダイエット~くびれが欲しいすべての女性たちへ~

魔法のお茶

ちまたには「ダイエットに効く」と謳ったお茶がたくさん出回っています。しかし、実際にダイエット効果のあるものは、ごく一部です。
医学的にダイエット効果があると認められ、おすすめなのは「桑の葉茶」です。桑の葉に含まれるDNJという成分には、小腸のαグルコシターゼという消化酵素の作用をブロックして、カロリーの吸収を阻害する働きがあります。これが、ダイエットに効くのです。

炭水化物は糖類ともいわれ、単糖類(ブドウ糖)、二糖類(ショ糖、乳糖、麦芽糖など)、多糖類(でんぷん、グリコーゲンなど)の3種類があります。ご飯や麺はもともと多糖類ですが、胃から十二指腸へと送られる間にジアスターゼなどの消化酵素によって二糖類にまで分解されます。そして、小腸の消化酵素αグルコシターゼの働きで、さらに単糖類へと分解されます。炭水化物は、単糖類の状態になってはじめて、体内に吸収されるのです。

じつは、このαグルコシターゼの活性が弱いほうが、ダイエットには適しています。というのも、αグルコシターゼの活性が弱いと、二糖類を単糖類に分解するのに時間がかかります。単糖類の形にならないと小腸で吸収されないので、多くの二糖類はそのまま小腸を通過し、やがて大腸へと送られます。大腸にたどり着いた二糖類は、そこでさまざまな最近の影響を受けて発酵し、炭酸ガスが大腸の運動を活発にして排便を促すのです。

つまり、αグルコシターゼの活性が弱いほうが、小腸から吸収されるカロリーが少ないうえ、便秘もしにくくないので、太りにくく、やせやすくなるというわけです。

一般的に、腸内で吸収できる炭水化物の量は、1時間あたり約120g=480kcal分です。もし、200g(800kcal相当)の炭水化物を食べたとしても、それが1時間で腸の中を通り抜けてくれたら、吸収されるのはそのうちの480kcal分ですむということです。

以上の点から考えると、炭水化物の腸内通過時間を速めて、腸管でのカロリー吸収を抑えるには、αグルコシターゼの働きを鈍くすればいいということがわかります。
ここで役立つのが、桑の葉成分のDNJというわけです。

食前に桑の葉茶を飲めば、DNJの効果によって、炭水化物の消化・吸収がブロックされ、実際に摂取するカロリーをカットすることができます。また、消化されなかった一部の炭水化物は、未消化なまま大腸に送られるので、そこで炭酸ガスを発生して大腸の運動を促進し、便秘を改善します。

つまり、桑の葉のお茶には、腸内で糖類の吸収抑制+便秘改善という、ふたつのダイエット効果があるのです。
まさに「魔法のお茶」といえるでしょう。

 

連載ダイエットバックナンバー