女の腹やせダイエット~くびれが欲しいすべての女性たちへ~

ダイエットの基本は「今の生活から400キロカロリー減らす」こと

人はなぜ太るのでしょうか?
医学的にその答えは明確です。年齢、性別を問わず、その人の体重の増減はカロリーの収支バランスによって決まります
体重を減らすためには、食事による摂取カロリーを減らし、身体が消費するカロリーを増やして、全体のカロリー収支をマイナスにすればいいのです。これはあらゆるダイエットに共通する基本原理です。

もし、ここ1ヶ月間のあなたの体重が変わっていないなら、現在のカロリー収支は均衡がとれているということ。このままの生活を続けていれば、太ることはありませんが、やせることもありません。

それでは、体重を減らすためにはどの程度マイナス状態を作り出せばいいのでしょうか。

もっとも理想的なのは、1ヶ月に2~3キロのペースで体重が落ちるぐらいのペースです。それより早いペースで落とすと身体への負担が大きくなって、リバウンドしやすくなります。

具体的には、今の生活から1日あたりマイナス400キロカロリーの状態を作ることです。この状態で生活をしていけば、一ヶ月に2~3キロのペースで減量できます。

さて、今の生活からマイナス400キロカロリーの状態を作り出すには

  1. 食事によって摂取カロリーを減らす方法
  2. 運動によって消費カロリーを増やす方法
  3. 両方を組み合わせる方法

という3つのパターンがあります。

単に体重を落とすだけなら、食事のコントロールを中心に考え、そこに運動を組み合わせて取り組むのがベストです。
食べるのを我慢すると思うと、それだけでくじけてしまう人がいますが、運動だけでやせようとするほうが実ははるかに大変です。
たとえば、カツ丼は並盛で950キロカロリーあります。これは半分食べずに残せば、マイナス400キロカロリーになります。ところが、運動で400キロカロリーを消費しようとすると、ジョギングなら1時間も走らなければなりません。

「毎日コツコツ運動するのは大変だから、週末にまとめて頑張ろう」と思う人もいるかもしれません。けれど、毎日1時間のジョギングだけでも難しいという人が、1週間分を一度にまとめて走ろうとしたら・・・考えただけでイヤになってしまいませんか?普通に考えて、不可能といってもよいでしょう。

したがって、毎日の生活から平均的に400キロカロリーをカットするには、食事からの摂取カロリーをできるだけ減らし、運動によって少しでも消費カロリーを増やしていくのが、もっとも確実なやり方なのです。

連載ダイエットバックナンバー