女の腹やせダイエット~くびれが欲しいすべての女性たちへ~

「便秘をすると食欲が増す」という不思議な事実

腹やせの切り札として、忘れてはいけないものに「便秘対策」があります。
あなたは、毎朝きちんとお通じがありますか?

便秘がちな人とそうでない人を比べると、便秘がちな人はお腹がポコンと出ていて、太りやすい傾向があります。ここにもまた、腹やせのポイントがあるのです。

まず、便秘状態が長く続くと、新陳代謝が悪くなり、大腸から吸収された水分が腸管周辺に貯留して、お腹が出てきます。
また、食べたもののうち、タンパク質が小腸で吸収されないまま大腸に流れ着くと、そこでイオン化合物や窒素化合物を発生します。これらは神経毒として作用しますので、食欲中枢に影響を与えるおそれがあります。つまり、便秘気味の人は大腸に窒素酸化物やイオン化合物がたまりやすく、食欲が亢進して、余計な脂肪がつきやすいのです。

こうした理由から、便秘はお腹の出る原因のひとつとなっています。
そして、これは年齢を問いません。若い人も、年を重ねた人も、便秘は百害あって一利なし。腹やせのために、常に腸をすっきりさせておきたいものです。

理想的な排便のあり方としては、

  1. 毎朝、1回の排便が必ずある
  2. 1回の排便で前日食べたものの残渣(ざんさ)がすべて排出される
  3. 便の形状は固形のやや固いものでもいいが、有形軟便が望ましい

この3つを満たすものです。

また、便秘を改善する上では、便を柔らかくすることと腸の運動を促進させることが大切です。そのためには

  1. 水分を多くとるようにする
  2. 繊維質の摂取量を増やす
  3. 適度の運動をする
  4. 背中を丸めた姿勢を長くとらない
  5. 必要に応じてヘソの周囲を圧迫しながらマッサージする
  6. 毎朝、“必ず排便するぞ”という強い意志を持つ

この6つに取り組むといいでしょう。

さて、便秘解消のテクニックのひとつとして、「桑の葉茶」の摂取があります。

桑の葉から抽出したお茶には、腸内での炭水化物の吸収を阻害して便を柔らかくし、なおかつ大腸の運動を改善するという作用があります。食事のときはもちろん、入浴時の水分補給にも利用するなど、積極的に桑の葉茶を飲むことで、自然なお通じを得られるようになります。桑の葉にはご飯や麺類などの炭水化物の吸収を妨げる働きもあるので、その分摂取カロリーが抑えられ、腹やせに役立ちます。

連載ダイエットバックナンバー