女の腹やせダイエット~くびれが欲しいすべての女性たちへ~

お腹まわりの「水太り」を解消する秘策とは

ウエストのくびれを邪魔する原因として、脂肪のほかに「むくみ」があります。身体がむくんでいては、理想のボディは手に入りません。
ところで、なぜ身体はむくむのでしょうか。

むくみは、水分や塩分のとり過ぎ、ホルモンバランスの崩れによる水分代謝の悪化などによって起こります。
しかし、もっと大きな原因があります。それは成長ホルモンの分泌低下による影響です。

成長ホルモンは文字どおり、子どもの成長を促すホルモンですが、そのほかにも、体内のさまざまな活動に関わり、若さや健康を保つのに欠かせない働きをしています。体内の水分と美容成分であるヒアルロン酸とを結びつけ、肌のうるおいを保つのも成長ホルモンの働きのひとつです。

ところが、成長ホルモンの体内分泌量は20歳を超えると急激に低下します。すると、それまでヒアルロン酸とくっついていた水分子はフリーな状態となり、皮下組織の中にただ存在している不要な水になってしまいます。
身体にとって不要な水は、本来ならリンパ管の働きによって排出されます。しかし、脂肪がたくさんついている場所は血行が悪く代謝機能が衰えているため、水が貯留してむくみやすくなってしまうのです。

しかも、女性の場合は骨盤内の生殖器を守るために、腰の周辺に水分をためようとするシステムが備わっています。そのため、20歳を過ぎた女性には、決して太っているわけではないけれど、なぜかウエストの太い「ズン胴体型」の人が目立つのです。

そのズドンとしたラインに、きゅっとしたくびれを作るためには「水の配置を変える」ことが重要。むくみの原因になっている水分をリンパ管や血流に流し込んで運び去り、排泄させるのです。それには、リンパマッサージが有効です。

リンパ管を流れるリンパ液は、体内の水分や老廃物を集めてリンパ節に運び、そこで無毒化してから静脈へと送り込んでいます。リンパ管は毛細血管の発達が悪い脂肪層の中にも分布しているため、リンパの流れを利用することがウエスト周辺に滞留している余分な水を排泄させる最大のポイントとなります。

リンパ液の流れに沿って、身体の末端から上に向かってやや強めになでさすり、リンパ節の部分まできたら軽く押してからそっと指を離す・・・このリンパマッサージを丹念に繰り返すと、脂肪層の隙間に溜まっている水分をリンパ管に送り込み、リンパ液に乗せて排泄することができます。リンパマッサージでむくみを解消

大切なのは、繰り返し行うこと。一度のマッサージでは、一時的にむくみがとれても、しばらくするとまた元に戻ってしまいます。むくまない状態が定着するまでは、根気よく続けてください。

連載ダイエットバックナンバー