女の腹やせダイエット~くびれが欲しいすべての女性たちへ~

お腹が出ると、全身がみるみる衰えていく・・・!?

前回までの説明をまとめてみると、若い女性のお腹につく脂肪には「つきにくいが、ついてしまうと落としにくい」という性質があり、30代以降の女性につく脂肪は、「落としやすいが、油断するとすぐについてしまう」ものであることがわかりました。

つまり、キュッとくびれたウエストをキープし続けることは、若くても年をとっても、それなりに努力が必要だということです。
しかし、ウエストを絞るのは大変だからといって、お腹のぽっこりをそのまま放っておくと、単にスタイルが悪いというだけではすまなくなってきます。お腹のでっぱりには、さまざまな病気が潜んでいるのです。

たとえば、メタボリックシンドローム(内臓脂肪型肥満症候群)。これは、お腹まわりの脂肪、とくに内臓脂肪によって、病気が引き起こされやすくなった状態をいいます。糖尿病や高血圧などの生活習慣病は内臓脂肪の増え過ぎによってもたらされると考えられています。
場合によっては、心筋梗塞、脳梗塞などを引き起こす結果にも・・・。つまり、脂肪によってさまざまな臓器が侵され、少しずつ健康が損なわれていくのです。

また、お腹の脂肪は、ニキビ、シワ、肌荒れなどにつながったり、デトックスの邪魔をして身体に有害な物質を貯蓄させたりする原因にもなります。
さらに、「お腹が出て、オバさん体型になってしまった」という気持ちが、おしゃれや前向きな気持ちを失わせ、キレイになろうとする意欲の低下をも招きます。お腹についている余計な脂肪が、外見だけでなく内面の老化まで加速させ、あなたのキレイを邪魔するのです!

「もう若くないから、少々お腹が出ていても仕方がない」などと自分に言い訳をしてはいけません。お腹の余分な脂肪を落とすことは、ただお腹まわりをすっきりさせるだけでなく、病気を防いで健康な身体を守るために欠かせない要素です。

スッキリくびれたウエストは、外見の若々しさを維持してくれるのはもちろん、内面の健康管理にもつながるということをよく覚えておいてください。

いつまでも健康で若々しく、キレイな身体でいたいなら、年齢を問わず“腹やせダイエット”が最重要事項です。お腹の脂肪は健康とアンチエイジングの大敵と肝に銘じて、この機会にしっかり「退治」してしまいましょう。スッキリくびれたウエストは、外見の若々しさを維持してくれるのはもちろん、内面の健康管理にもつながる

連載ダイエットバックナンバー