女の腹やせダイエット~くびれが欲しいすべての女性たちへ~

重視すべきはお腹の脂肪

日本の女性は、世界でもプロポーションに対する理想がもっとも高く、自分の体型に満足できない人が多い。

これは、ある下着メーカーが、日本をはじめとする12カ国の女性を対象とした調査の結果です。しかも、日本の女性は、バストが豊かでウエストが細く、華奢な体型を好む傾向があることもわかりました。
要するに、日本人女性の多くは、全体的にスリムでいながら、出るべきところは出て、引っ込むべきところは引っ込んでいるメリハリ・ボディになりたいと願っているわけです。

ということは、ダイエットの目的は、いかにして「ウエストのくびれ」を作るか。つまり、いかに「腹やせ」をするか。これにつきます。

ウエストのくびれが大切なのは、もちろん若い女性に限ったことではありません。育児や仕事などで忙しく、一時的に自分自身のメンテナンスをすることがでいなかった30代・40代の女性が、再び美容意識に目覚め、ダイエットに取り組むときに、いちばんの急所となるのも「腹やせ」です。

年をとると、「若い頃と違って、体重を落とすのには時間がかかるはず」と思い込み、なかなかダイエットに取り組まない人が少なくありません。
しかし、中高年女性のダイエットは、正しいアプローチさえすれば、さほど努力することなく体重を落とし、ウエストのくびれを取り戻すことが可能です。

なぜなら、加齢や妊娠によってつきやすくなるお腹の脂肪(内臓脂肪)には、「つきやすい分、落ちやすい」という特徴があるからです。実は、若い女性より年齢を重ねた女性のほうがくびれを取り戻すのは簡単なのです。

また、中高年になるとメタボリックシンドロームの心配も出てきます。お腹の贅肉は美容にも健康にも害を及ぼす、まさに「やっかいもの」。身につけていても、ろくなことはありません。お腹の贅肉をとれば、身体が軽くなり、動くのが楽になります。そして、おしゃれが楽しくなります。

繰り返しになりますが、女性がダイエットに取り組むときにもっとも重視すべきは、お腹の脂肪です。ひたすら体重を落として「とにかく細くする」のではなく、お腹まわりの贅肉を集中的に落とし、「ウエストラインがキュッと締まったボディライン」を目指しましょう。

重視すべきはお腹の脂肪本連載では、あらゆる女性が確実に「腹やせ」するための方法を、医学的根拠に基づきながら、わかりやすくご紹介していきます。

連載ダイエットバックナンバー