新しく生まれ変わる知的ダイエット

【最終回】健康管理におけるダイエットの重要性 ~知的ダイエット エピローグ~

一口に健康管理といいますが、その内容は次の3つに分類されます。

  • 「90歳を超えても頭脳明晰で、自分の足でどこへでも行ける」を目標にする寿命管理
  • 「元気だ。体調がいい。絶好調だ。食欲もあるし、性欲もある。意欲があふれてくる」という肉体を維持し続けるための体調管理
  • 「何歳になっても若々しい姿」を維持するための容姿管理

これら3つに共通するポイントのひとつとして、体重管理、つまりダイエットがあげられます。適正体重をはるかにオーバーしていれば、90歳以上まで生き抜くことは困難です。また、過剰体重だと疲れやすくなって、体調を常に一定に保つことも困難となります。

さらに、若いときから太りすぎていると、ある程度の年齢を境に急にしわくちゃになったり、実際の年齢より老け込んで見えたりすることもあります。外見上得をすることは、ほとんどないといっていいでしょう。

ダイエットは、ぜい肉のない健康な体、自分自身をいちばん魅力的に見せる体重を手に入れて、生涯にわたる自分のスタイルを確立することです。
ダイエットによって外見をよくすることは、いきいきとした楽しい人生を手に入れるためのテクニックともいえます。

私たちはダイエットのために生きているのではありません。
好きな人とおいしいものを食べたり、楽しく語り合ってお互いを理解し合ったり、自己実現のためのやりがいのある仕事をしたりすることが人生の醍醐味です。実りある人生を送るための手段として、ダイエットをしているのだということをどうか忘れないでください。

生涯にわたって適正体重を維持することが、健康な毎日を送ることにつながり、自己実現する原動力となります。病気の心配ない安定した生活こそ、豊かな人生のベースになるのです。しかも、容姿に関する悩みも同時に消え去り、「グッドシェイプ」を手に入れたあなたは、人づきあいにもぐんと自信が持てるようになるでしょう。

最後にもうひとつ。ダイエットは他人からいわれて行うものではありません。あなた自身が必要だと思うからやるのです。主体性のあるダイエット、あなたの知的センスから発するダイエットでなければダイエットは成功しません。

もう一度ダイエットの動機づけを強く意識してみてください。ダイエットは人生を変えます。やせることができたなら、あなたの人生はこれまで以上に輝くはずです。

連載ダイエットバックナンバー