新しく生まれ変わる知的ダイエット

低カロリーでも嫌いなものは逆効果

自律神経には交感神経と副交感神経があり、内臓の働きをコントロールしています。昼間は交感神経が働いてエネルギー消費をさかんにします。また、夜は副交感神経が働いて腸の運動を活発にし、栄養を吸収・貯蔵する働きをしています。

これら二つの神経は相反する性質を持ち、自分の意思とは無関係に働いています。

昼間は精一杯活動して交感神経を優位な状態にし、夜はぐっすり休むという規則正しい生活をしていれば、自律神経のバランスが整って、摂取したカロリーを効率よくエネルギーとして消費することができます。したがって、昼間の活動している時間帯に交感神経を活発な状態にしておくと、やせやすく太りにくい体になるといえます。

逆に、昼間は寝て夜は活動するという夜型の生活をしていると、副交感神経の活発な夜間に食事を多くとりがちになり、ダイエットがうまくいきません。

夜は腸管の活動が活発になり、積極的に栄養を吸収してため込もうとする傾向にあるため、どんどん太りやすくやせにくい体になってしまうのです。昼間の活動中に交感神経を優位に働かせる方法として、メリハリのある生活を心がけることが大切です。

知的ダイエットの特徴は、ダイエット中でも楽しみながら日々を送ることができる点ですが、たとえば同じカロリーの料理を目の前にしたときは、迷わずに好きなほうを選びましょう。好きな料理を食べることによって、脳が満足し、交感神経の働きが活発になり、カロリー消費を高める効果があるのです。「いやだいやだ」というストレスが長期間続くことのほうが、ダイエットの大きな妨げとなります。また、自律神経の中枢は脳の視床下部にあります。ここは不安や恐怖を感じる部分です。さらに、食欲をつかさどる食欲中枢も同じ視床下部にあります。ふつう食事をして食欲中枢のうちの満腹中枢の活動が高まると、満腹感を覚えて食べるのをやめます。

逆に、血糖が低下して体脂肪から分解された遊離脂肪酸の血中濃度が高まると、摂食中枢を刺激して空腹感を感じるのです。

満腹中枢に指令を出すのは、血液中のインスリン(ホルモンの一種)の働きです。食事によって血液中の血糖とインスリンが増加すると、満腹感を感じるしくみになっています。

低カロリーでも嫌いなものは逆効果このように、食欲中枢は心理状態の影響を強く受けやすいものです。いつも心地よい気分でいることがダイエット成功の秘訣です。

連載ダイエットバックナンバー