新しく生まれ変わる知的ダイエット

食後3時間は絶対横にならない

同じカロリーのものを摂取するなら、夜よりも朝食べたほうが吸収されにくく、太りにくいのは常識です。これは、朝と夜とでは血液中で濃度が高まったブドウ糖の処理のされ方が異なるために生じるものです。

食物を摂取すると、血液中の血糖値としてブドウ糖の濃度が高まり、通常三つの方向に処理されます。一つは、グリコーゲンとなって肝臓の筋肉の中に貯蔵されます。もう一つはダイレクトに脳や筋肉でのエネルギーの消費に使われます。そして、残りの一つが脂肪酸につくり替えられて脂肪細胞の中にため込まれるのです。

ところが、血液中のブドウ糖濃度が高いうちに寝てしまうと、脳からエネルギー消費にあてる必要がないと指令が出て、ブドウ糖は主に脂肪酸合成、つまり脂肪合成に使われるようになってしまうのです。夜食べると太りやすいのはそのためです。

逆に、ふつうは食べたあとに活動しはじめる朝は、ブドウ糖がエネルギー消費に使われるため太らないということになります。これらのことから、「朝食はしっかり食べても夜は少なめに」というのがダイエットの王道とされているのです。

事実、夜の食事量をへらせば体重はへらしやすいでしょう。しかし、ダイエットに挑戦して何度も挫折している人というのは、あまりにも厳しい食事制限をみずからに課し、それに失敗すると、たちまち「また失敗してしまった。もう今日はあきらめて食べたいだけ食べてしまおう。ダイエットは明日からにしよう」ということになりがちなのです。できもしない食事制限は終わりのないダイエット人生への道に通じています。

知的ダイエットの根幹である「朝食は抜いて夜は自由じ食べる」というダイエットプランを成功させるためには、とにかく夕食は寝る前3時間前にすませておくことです。食後2~3時間は糖分濃度が高い状態になっているため、その間はできるだけ活動的に過ごすようにしなければなりません。これは鉄則です。

なお、昼食後などに、満腹感から、よくうとうとと居眠りをしている人がいますが、これも同じ理由で絶対に避けたいものです。寝ている間に働く副交感神経は、脂肪の合成を高め、脂肪とため込もうとする働きを持っています。本格的に寝てしまわなくても、横になってゴロゴロしてりするだけでも脂肪の合成は進んでしまうのです。

寝る直前に食べたものはすぐに脂肪に直結するということを肝に銘じておきましょう。横になってゴロゴロしてりするだけでも脂肪の合成は進んでしまう

連載ダイエットバックナンバー