新しく生まれ変わる知的ダイエット

朝食抜きで知的にカロリーコントロール

もう朝食はいらない

「朝食抜きでカロリーコントロール」といわれても、抵抗のある人は多いはず。「朝食を抜いたら午前中の活動量が低下するのではないか」などと心配する人もいるでしょう。ご安心ください。夜カロリーをたっぷりとっている体重オーバーの人にとって、朝食を抜くことぐらいで体調に大した影響を与えることはありません。

本来、食事は消費したエネルギーを補うためのものです。午前中の活動にたえるだけのカロリーは前日の夕食できちんと確保されており、まだ何もしていない起床時に、エネルギーを補う必要はありません。

一般的な社会人は、昼や夜は外食で高カロリーになりがちです。とくに夕食は、社交を兼ねた高カロリーの食事にかたよってしまうため、翌日に朝食をとらなくても十分なのです。たくさん飲み食いした翌日に食欲がないのは、朝食でカロリーをとらなくても十分夜にカロリーを摂取している証拠。朝食抜きは、簡単にカロリーコントロールができる、まさに現代人に適した方法といえます。

また、「朝食を抜くと太る」といわれるのは、朝食を抜いて空腹感が続くと、その反動から昼にドカ食いしてしまうからだと思われているから。しかし実際は、朝食を抜くと、血液中の糖分濃度が一定になるため、それほど空腹感を感じず、ドカ食いをする心配はありません。

段階的に朝食抜きを定着させる

これまで朝、食欲がないのに無理して食べていた人は、もちろん堂々と朝食を抜いてください。

朝起きたら、お茶や紅茶、ミネラルウォーターなどでたっぷりと睡眠中の脱水症状を解消しましょう。飲み物は温めても冷やしても、どちらでもかまいません。

一方、急激に朝食を抜くことに不安がある人は、段階的に朝食を減らし、少し時間をかけて最終的に朝食を抜くようにする方法をとります。

まず、野菜ジュースや野菜スープ、豆腐やわかめなど低カロリーのみそ汁、豆乳、コンソメスープやミネストローネなどを利用して朝食の代用としてください。徐々にカロリーを減らしていき、最終的には、前述のような液体食だけをとるようにしてください。もう朝食はいらない

朝食を抜きさえすれば、昼食、夕食は、極端に量が増えない限り、満腹感を感じるまでふつうに食べてもかまいません。一日の食事は回数ではなく総摂取カロリーでとらえるべきなのです。

連載ダイエットバックナンバー