長生きダイエット

やせて若返る極秘ワザ!

食べたものを消費するエネルギーは、年齢とともに減っていきます。だから、年齢をとってからのダイエットは、けっこう時間と根気がいるもの。そこで、効率的にダイエットを進めるための、かくしワザが求められます。

食べても食べても太らない、やせの大食いというタイプの人がいます。食べても太らないタイプとすぐに太ってしまうタイプの違いを決めるのは、その人の持つ褐色脂肪細胞の働き具合です。

褐色脂肪細胞とは、血液中の栄養分を取り込んで熱に変える働きをしているもの。生まれたばかりの赤ちゃんのときにいちばん多く、しかも、活性度も低下していくので、からだの中の熱の産生能力は、年齢とともに、おとろえていくわけです。ところが、まれに。この褐色脂肪細胞が異常な活性をもっている人がいます。

大食い選手権のチャンピオンなどがこのタイプ。大量に食べても、褐色脂肪細胞がワッと働いて体温が上昇。吸収された成分を次々と熱に変えて消し去っていくのです。

年齢に逆行して褐色脂肪細胞の機能を高めるクロム

褐色脂肪細胞は、別名、クロム親和性細胞とよばれ、3価クロム(有毒は6価クロム)とドッキングして作用が増強する性質があります。そこに注目してつくられたのが、褐色脂肪細胞の機能を、年齢に逆行して高める働きをするクロムのサプリメントです。クロムは長生きダイエットの王道サプリ!

クロムのサプリメント摂取と運動を並行して行うと、汗の量が非常に増えて、太りにくい体質になっていきます。

また、クロムは糖質や脂質の代謝をよくするので、糖尿病や動脈硬化など生活習慣予防の薬にも使われる、まさに長生きダイエットの王道サプリ!なのです。

【回覧板】『クロム』不足を解消しよう!

摂るだけでやせる魔法のミネラル『クロム』。運動する・しないにかかわらず、カラダにクロムを蓄積し、少しでもやせやすい体質をつくるようにしましょう。

クロムを多く含む食べものの代表選手が、アサリ、ハマグリ、そしてヒジキです。

パスタを食べるならアサリたっぷりのボンゴレ、お吸い物ならハマグリ入りのうしお汁、ひじきの煮物を常備菜に・・・など、意識して摂ることにより『クロム』不足を解消しましょう。もちろん、サプリメントの利用もおすすめです。

連載ダイエットバックナンバー