男も女も「腹やせ」ダイエット

ダイエットの真の目的とは

ダイエットは、目標体重を達成して理想の体型を手に入れてしまえば、それで終わり・・・というわけではありません。

ダイエットによって勝ち取ったベスト体重、ベストシェイプをいかりリバウンドさせることなく維持し続けられるか。それが真の目的、それができてこそ真の成功者といえるのです。体重コントロールは、誰にとっても一生ついて回るもの。だからこそ、無理のない、自分自身の性格やスタイルにあったやり方を賢く選びとることが重要なのです。

ダイエットを成功させるうえで、もうひとつ不可欠な要素があります。それは、誘惑に打ち勝つ強い意志です。友人からのお誘いや、目の前の美味しそうなケーキを本能のおもむくままに受け入れていては、あっという間に体重は増えてしまいます。こうした誘惑に打ち勝つことのできる強い意志がダイエットには必要なのです。

しかし、何かを成し遂げたいと思う気持ちや粘り強さには、個人差があります。ダイエットのように長期間にわたって自分自身をコントロールする必要のある事柄においては、その差はより顕著になります。

たった一度のダイエットでベストシェイプを獲得し、その後も難なく維持していける人がいる一方で、ダイエットをしても長続きせず、一向にやせられないという人もいます。

ダイエットにあっけなく挫折してしまう人はたいてい、すぐにまた別のダイエット法に挑戦します。ところがそれも長続きせず、また別のダイエットに挑戦・・・と何度となく体重の増減を繰り返す傾向があります。

しかし、こんな風にリバウンドを繰り返すと、筋肉が減り、基礎代謝量が落ちてくるので、身体はどんどん太りやすくなってしまいます。つまり、ひとつのことを最後までやり遂げることのできない意志の弱い人が、安易にダイエット法を試すことは、逆効果を生む結果になりかねないのです。

これまでさまざまなダイエットに挑戦して、一度もうまくいかなかったという人は「今回が最後のダイエットだ!」という強い意志をまず持ってください。

もし、あなたが「自分ひとりでは誘惑に打ち勝つ自信を持てない」というのなら、友人や家族の力を借りましょう。まず、友人や家族など身近な人に、「今日からダイエットする!」と宣言してください。そして、「今朝は○キロになった」と報告するのです。すると、明日はもっと減っているように頑張ろうという意識が保たれ、ダイエットが長続きします。

あるいは、余裕のある人なら、スポーツクラブやエステティックサロンを利用するのもよい方法です。それぞれの体質や希望に合わせたプログラムを組んで、必要であれば食事指導もきめ細かくしてくれます。

自分ひとりで頑張るもよし。二人三脚でゴールを目指すもよし。自分にもっともふさわしいやり方でベストシェイプを手に入れ、それを維持していきましょう。

ダイエットメニュー一覧

ダイエットのきっかけがつかめない人へ~プチ断食で、気持ちにカツを入れる~

これは、週末などを利用して短期的に家庭で行う断食です。プチ断食中にはこれまでの食生活についての反省をし、食事についての意識改革をすることが大切です。プチ断食をきっかけにダイエットのスタートを切ってみてはいかがでしょうか。

プチ断食の心得

  • 水分をたっぷりとる
    • プチ断食中は、食べ物からの水分摂取が基本的に一切望めないため、1日2.5リットルの水分をとることが重要です。もし、胃がむかついて水を飲めないなどの症状が出たら、ただちに断食を中断してください。

  • ビタミンCなどの水溶性ビタミンやβグルカン、カルシウム、ビタミンDを補給する
    • 免疫力の低下や、骨がもろくなるのを防ぎます。

  • 軽い運動をする
    • 適度な運動が骨を丈夫にします。

  • タンパク質を補給する
    • 1日に必要なタンパク質量の目安は体重の約0.1%。体重60キロの人なら60グラム。おすすめは食品の豆腐です。

  • プチ断食は1日に限る
    • プチ断食の翌日は、昼食からスタートする。このとき、過食に走らないよう要注意!

連載ダイエットバックナンバー