腸内超特急ダイエット

食物の腸内通過時間を早める

今日食べたものが、便になって排出されるのはいつでしょうか?「昨日に食べたものは、今朝、すべて排出する」

2日後と答える人もいますし、3日後と答える人もいます。日ごろから便秘気味の人は、数日後と答えることでしょう。

ダイエットに成功するには、今日食べたものは、明日の朝に全部便になって排出されなければいけません。明朝に出ないのなら、その身体は、太りやすい体質であるといえるでしょう。

「昨日に食べたものは、今朝、すべて排出する」

そのような身体がダイエットに適しているのです。

食べたものは腸内でどうなっているの?

食べたカロリーがすべて腸から吸収されるわけではありません。吸収されきらないで、便になって排出される分もけっこうあるのです。この分量を増やすことができれば、いくら食べても太りにくいカラダをつくれるのは言うまでもありません。

おならが出ることがあります。「おなら」というのは、大腸の中で食物残渣中の栄養分が発酵して生じた二酸化炭素が主成分です。

つまり、大腸内には吸収されなかった栄養分が存在しているのです。その栄養分を素早く排出してしまえば、摂取カロリーは実際の食べたカロリー以下に抑えることが可能です。

食べた栄養分を吸収するのは小腸の役割です。この小腸は炭水化物なら1時間で120グラム分(480キロカロリー)しか吸収することができません。食べたものが小腸内を超特急のように通り過ぎれば、栄養分は吸収されきらないで大腸にたどり着き、残った栄養分が発酵されてガスを発生し、そのガスが大腸を刺激して大腸運動が早まります。

その結果、食べたものは翌朝にすべて排出されるようになります。便秘が改善されるのです。

「DNJ効果」で腸内超特急!!

腸でどれくらい吸収されるかは、腸内通過時間の早さが重要なのです。

「吸収される間もなく、あっという間に腸内を通過してしまう」

そんなカラダをつくれたら、シメシメというものです。そのためには、野菜を多く食べ、水分を多くとることです。野菜の繊維質は、腸の運動を高めて、腸内通過時間を早くしますし、多めの水分も腸の運動を早めます。

それらに加えて、忘れてはいけないのが、桑茶です。桑に含まれるDNJという成分は、小腸での炭水化物の吸収をブロックすると同時に、腸の内容物がやわらかくなり、食べた物の腸内通過時間が大いに早まります。これらの作用は、DNJ効果といわれています。この効果もすっかり有名になりました。

DNJ効果を活用して、腸内超特急型体質を作り、やせやすい体質をつくる」というのは、もはやダイエットの常識になっているのかもしれません。

ダイエット成分として、もう1つ重要なのが、伊豆諸島で取れる「明日葉」に含まれるカルコンという成分です。カルコンは、固着して落ちにくくなった脂肪(セルライト)内に、毛細血管を増生させて、落ちやすい脂肪へと変身させます。この作用は、名前のとおり、カルコン効果と名づけられ、DNJ効果と並んで重要なダイエットセオリーです。

メディカルサロンでは、DNJ効果とカルコン効果をあわせもつ「カルコン・マーリー・ミックス」というサプリメントを開発し、実践ダイエット指導で利用しています。

DNJ効果とカルコン効果をあわせもつ「カルコン・マーリー・ミックス」

カルコンマーリーミックス

カルコン・マーリー・ミックス

セルライトを解消するといわれる明日葉や、炭水化物の吸収をおだやかにする桑の葉など、10種類の野菜をブレンド!