成長ホルモンダイエット

成長ホルモンには内蔵脂肪を分解する作用がある!!

くびれのない寸胴体型に・・・「体重は変わらないのに、以前はいていたパンツが入らなくなった」という人がいます。

若い頃には皮下に脂肪がつきやすいのに対し、年をとると内臓のまわりにつきやすくなります。内蔵脂肪がつくと、ウエスト回りが大きくなるため、体重が同じでも若い頃の洋服を着ると胴回りが窮屈になります。こうしてくびれのない寸胴体型になってしまうのです。

おなかの脂肪をとるだけでなく、ひきしまった身体を目指したい方にうってつけの医薬品が「成長ホルモン」です

成長ホルモンは脳の下垂体から放出されるホルモンで、その名の通り、人の成長を促す役割を担っています。その分泌量は13~17歳にかけてピークに達し、その後は減少傾向に転じます。そして、25歳をすぎる頃になると急激に低下し、30歳以後は10年ごとに25%ずつ減っていきます。

アンチ・エイジング(=若返り)の研究が盛んなアメリカでは、以前から年をとるとお腹のまわりに脂肪がつきやすくなるのは成長ホルモンの分泌量と関係があるのではと考えられていました。そして様々な研究の結果、成長ホルモンには内臓脂肪を分解する作用があると判明しました。また同時に、糖質の代謝を促してエネルギー消費を高め、スタミナを増進させる作用や、筋肉でのタンパク質の合成を促進して筋肉を発達させる作用などがあることもわかりました。

また、成長ホルモンは皮下組織の水分保持に重要な役割を果たしているため、バストやヒップの下垂にも非常に効果的です。

成長ホルモンを使えば、心も身体も若返る!話題沸騰!メディカルサロンの成長ホルモンスプレー

日本で成長ホルモンに対する認知度が低い理由のひとつに、費用が高額であることがあります。アメリカでは皮下注射による成長ホルモン投与は、6ヶ月で200万円以上します。日本の美容外科などでも注射薬だとアメリカと同程度かそれ以上かかります。

メディカルサロンでは、成長ホルモンは舌の下からよく吸収されるという事実に目をつけ、舌下投与型の「成長ホルモンスプレー」を開発しました。注射薬に比べ非常に安価なうえ、舌下にシュッと吹きかけるだけという手軽さです。成長ホルモンを使うと、自発的に身体を動かしたくなる

成長ホルモンスプレーについて詳しくはこちら

体脂肪減少や筋肉増強といった直接的な効果の他に、成長ホルモンにはダイエットに対する思わぬ効果があることを発見しました。それは、「やる気を起こさせる効果」です。

「ダイエットのために運動してください」と指導しても、なかなか運動してくれなかった人が、成長ホルモンを投与すると進んで運動するようになるのです。成長ホルモンはスタミナアップ効果があるとの報告もあり、おそらくその影響も関係して自発的に身体を動かしたくなるのでしょう。

身体にも心にも働きかけて、ダイエットを強力にサポートする成長ホルモンは、まさに現代医学による最高のダイエット法といえるでしょう。

成長ホルモンのオンライン処方判定

成長ホルモンは処方用医薬品ですので、医師による処方が必要です。オンラインであなたに処方可能かどうかを判定いたします(無料です)。結果をメールにて返信いたします。

成長ホルモン処方判定はこちらから